買い取り商品

 弊社で買い取りを行っている代表的な商品をご説明します。

 単価は商品及び相場によって異なります。また、記載のない商品でも金属くずでしたら基本的に買い取り可能です。詳しくは直接お越しいただくか、電話・メール等でお問い合せ下さい。

鉄 Iron(Steel)

○鉄くず

鉄

最も身の回りに流通している金属。棒状、板状、パイプ状etc...あらゆる形状の鉄製のものが対象です。サビが発生していても問題ありません。

機械類、農機具、軽量鋼、トタン、自動車ホイール等も買い取りいたします。

○ダライ粉(切粉)

ダライ粉(切粉)

鉄などの金属を切削した際に生じる削り粉のことです。ダライコやキリコと呼びます。このダライ、というのはチベット仏教の偉い坊さんではなく、オランダ語から来ているそうです。

■参考:室長ブログ【ダライ粉の語源】

○その他鉄くず

その他鉄くず

スチール製の家具(棚や机、イス等)、自転車(タイヤなし)、ストーブや温水器等の家庭用品などなど。鉄でできた身の回りの不要な物も買取りいたします。

木やタイヤなどの不純物が多い場合は評価が低くなることがあります。

ステンレス Stainless Steel

さびにくい鉄、を意味するステンレス鋼のくずです。かつては不銹鋼(ふしゅうこう)とも呼ばれたそうです。

弊社では磁石に付かないもの(SUS304系、18-8)をステンレスとして買い取ります。

※磁石に付くもの(SUS430系、18-0)は最資源化の原料としての需要が低いため、価値がかなり下がります。混在させないようにお願いします。

○ステンレスくず

ステンレスくず

台所の流し台、ステンレス製の食器(フォーク・ナイフ、鍋)など、水回りや衛生的に気を配る場所で使用される製品によく使われます。

○ステンレス切粉

ステンレス切粉

磁石に付かないステンレスでも、大きな力や熱が加わると磁性を帯びることがあります。ステンレス切粉も微弱ながら磁石に反応します。

アルミニウム Alminium

一円玉に代表されるように身近な金属です。アルミも磁石に付きませんが、ステンレスに比べてずっと軽いので重さで判別できます。

アルミはリサイクルしやすいことから「リサイクルの優等生」と呼ばれています。

詳しくは資源ライブラリー【アルミニウム編】をどうぞ。

○アルミくず

アルミくず

板状や棒状等のアルミくず。アルミホイールやラジエーター等も含みます。

○アルミ切粉

アルミ切粉

磁石に付かないため、他の金属の切粉に混じってしまうと分別が難しく評価が著しく低下します。切粉の混在にはご注意ください。

○アルミサッシ

サッシ

窓ガラスは外してからお持ち込みください。

○アルミ製食器

アルミ製食器

鍋や釜、タライやトレーのほか、アルミ製のもの。

○アルミ缶

アルミ缶

スチール缶からアルミ缶への移行が徐々に進んでいるため、これから量が増えそうな種類です。

■参考:室長ブログ【アルミ缶が増える!?】

「プルタブの部分は若干高い」と過去には言われていたようですが、現在では(少なくとも弊社では)区別をしていません。

銅 Copper

有史以来、鉄よりも古くから利用されてきた金属です。鉄、アルミとともにベースメタルの一角を占める身近なものですが、実際は地球上に存在する量が少ない貴重な金属です。熱伝導性と導電性の高さゆえ、電気機器からフライパンまで幅広く使われています。

詳しくは資源ライブラリー【銅】をどうぞ。

○銅線

銅線

緑青(サビ)が付着していないピカピカしたものほど高価になります。また、銅線の太さやメッキの有無、不純物(端子など)の有無などによって単価が変わります。

○被覆銅線

被覆銅線

配線などのビニールで被覆された銅線です。銅線よりも価値はぐっと低くなります。

○銅板

銅板

建物の屋根に使われているものがよく持ち込まれます。緑青(ろくしょう)が入った銅板屋根の渋さは格好良いですね。

その他非鉄金属 other Non-ferrous metals

○真鍮(黄銅)

真鍮(黄銅)

真鍮(しんちゅう)とは銅と亜鉛の合金で、黄色(5円玉の色)がかった金属です。真鍮くず、真鍮の切粉を主に取り扱っています。南京錠や水道の蛇口、仏具の装飾品等によく使われています。

使用済みのワイヤーカットも買取りいたします。

○鉛

鉛

古い水道管、自動車のバッテリーなどに利用されています。また投網のオモリなど釣具でよく使われています。

○バッテリー

バッテリ

自動車や農機具に使われるバッテリーも買い取りの対象です。

○その他の商品につきましてもお気軽にお問い合わせください。

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system